2010年06月15日

介護給付等費用適正化事業、「内容を厳密に見直すべき」(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は6月10日、「介護給付等費用適正化事業」を対象に行政事業レビューの「公開プロセス」を行った。同省老健局介護保険計画課は、縦覧点検の徹底などを盛り込んだ改革案を提示したが、外部有識者からは「事業内容を厳密に見る必要がある」などの声が上がり、8人全員が改革案では「不十分」と判断。今後の事業の継続については、このうち5人が「継続するが、さらなる見直しが必要」とした。事業の実施状況の把握については、7人が「不十分」と判断した。

 厚労省は、介護給付費や介護保険料の増大を抑制するため、2008年度以降、都道府県や保険者と連携し、▽認定調査状況のチェック▽ケアプランの点検▽住宅改修等の点検▽医療情報との突き合わせ・縦覧点検▽介護給付費通知-などから成る「介護給付等費用適正化事業」を推進している。同省によれば、適正化事業を積極的に実施している保険者ほど、給付費の伸びを抑制できているという。その一方で、取り組み状況に地域差が見られるなどの問題点も指摘されていた。

 席上、介護保険計画課の担当者は、これまでの事業を継承すると同時に、特に介護給付費通知と、医療情報との突き合わせ・縦覧点検の実施を徹底するなどの内容を盛り込んだ改革案を提示。事業の妥当性を訴えた。

 これに対し、筑波大大学院の吉田あつし教授は、「縦覧点検の推進で大きな成果が上がったとしているが、(縦覧点検は保険者が)当然、行うべきこと」とした上で、予算を組んで実施を後押しするのではなく、「(縦覧点検をしていない保険者を)指導すべきではないか」と提言した。

 また、中央学院大社会システム研究所の福嶋浩彦教授は、適正化事業の一環として広報用のパンフレット作成費用を計上している自治体があることを問題視し、「この枠組みでやるのはおかしい。事業の意味が薄れてしまう」と批判。ジャーナリストの岩瀬達哉氏は、自治体の適正化事業の内訳を厚労省が把握し切れていないとして、「(適正化事業の予算として)国から公金が出ている以上、その内訳は当然、把握しておくべき」と述べた。


【関連記事】
救急相談、モデル事業継続に疑問の声
未収金対策事業「そもそも論から考える」―長浜厚労副大臣
国保組合への補助、有識者から「削減・圧縮に向けた努力を」
行政事業レビューの「公開プロセス」がスタート―厚労省
規制・制度改革の検討、「厚労省が頑張っている」―枝野担当相

<雑記帳>完走者はコシヒカリ食べ放題 新潟・南魚沼(毎日新聞)
蓮舫氏入閣は「テレビ用」=民主・渡部氏(時事通信)
<南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
<宮津市長選>井上氏が無投票で再選 京都(毎日新聞)
仙谷官房長官「首相とどなり合いしばしば」(読売新聞)
posted by モリワキ ヨシノブ at 21:36| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

「脳卒中対策基本法の成立、年度内に」−民主議連の田中会長(医療介護CBニュース)

 民主党脳卒中対策推進議員連盟の田中慶秋会長は6月8日に開いた総会で、同議連が成立を目指している脳卒中対策基本法(仮称)について、「できれば年度内の成立を目指したい」と語った。出席した議員からは、「がん対策基本法の長所と短所などを参考にしつつ、法案の中身について議論を進めるべき」などの意見が上がった。

 総会では、日本脳卒中学会の橋本洋一郎幹事や阪大大学院医学系研究科の磯博康教授らが講演。橋本幹事は「地域連携が強化されれば、急性期のベッドも空きやすくなり、救急車の受け入れが断られることも少なくなる」と指摘。地域の医療・介護の施設が連携を強化するためにも、脳卒中対策基本法を実現すべきと訴えた。

 また磯教授は、「発症率は心筋梗塞の3‐5倍。寝たきりを招く最大の要因で、入院に要する期間も平均で183日に達する」など、脳卒中の特徴や病気がもたらす影響の大きさについて言及。対策としては減塩キャンペーンなど、発生予防のための啓発活動が特に重要と指摘した。


【関連記事】
急性期・回復期の脳卒中診療医の約6割が地域連携「進んだ」
脳卒中対策基本法「来年めどに議員立法化」−民主議連・石森幹事長
患者・家族への支援活動を顕彰−脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」
脳卒中対策の立法化に向けて協議会を設立
「脳卒中政策サミット」を開催―対策基本法の実現目指す

口蹄疫 「自衛しかない」 最大の畜産地・都城、悲嘆(毎日新聞)
首相、小沢氏と再会談へ=政権運営で対応協議(時事通信)
自殺者 遺族を2次被害から守る 全国で署名活動へ(毎日新聞)
<岡田外相>思いやり予算で再生エネルギー(毎日新聞)
米市民の日常生活を軽快に ノーマン・ロックウェル展 東京・府中市美術館(産経新聞)
posted by モリワキ ヨシノブ at 01:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

<皇太子さま>アフリカシンポに出席(毎日新聞)

 皇太子さまは26日、東京都渋谷区の国連大学であったアフリカ・デー・シンポジウム「環境:アフリカの挑戦、日本の役割」のオープニングセレモニーに出席、基調講演も聴講した。

 皇太子さまはオープニングセレモニーで同シンポジウムについて「日本とアフリカ諸国のさまざまな分野の専門家が一堂に集い、さまざまな課題の下でのアフリカの発展と諸外国との協力のあり方等について議論を深める貴重な機会を提供してきました」とあいさつした。また、基調講演ではMOTTAINAIキャンペーン名誉会長で、ノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさんのビデオメッセージが流された。

<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)
世代交代と脱派閥掲げ「新世紀」発足 自民若手(産経新聞)
母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕―奈良県警(時事通信)
カビ混入、「ボルヴィック」43万本を自主回収(読売新聞)
鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
posted by モリワキ ヨシノブ at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。